« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月31日 (月)

恵よりビヒダスがお好き

0731_pecopeco

Rogo_2


2017年7月29日 (土)

【「わがまま」のつながり方】 挿絵

5551_1

中央法規出版 より発行の 『「わがまま」のつながり方』 に挿絵を1点描かせていただきました。
編集は 編集工房まるさん です。

テーマは 「地域包括ケア」 、
地域の人と人の 生きたネットワークが

人生の終盤でも 「我のままに生きる」 ことを実現する
その大きな可能性について。

なんだか私もここ数年、
急に 「生きる」 について考える機会が増えました。

大変読みやすく、身近な内容です。
ぜひご覧くださいconfident


Rogo_2



2017年7月28日 (金)

【野菜だより】 5月号〜 挿絵を描かせていただいています

4910188470778

学研プラス様より発行の 「野菜だより」 2017年5月 初夏号 から挿絵を描かせていただいています。

自然菜園コンサルタント 竹内孝功さんの、
「相関図でわかる 植え合わせベストプラン」 の連載ですbud

0726_yasaidayori_1

野菜にも相性があって、相性の良い野菜を隣に植えれば
病害虫を遠ざけてうまく育てることができる! という
すばらしいプランを毎号紹介しています。

私には珍しく、野菜の特徴を表したキャラクターも作成しています。

ーーーーー

小金井に引っ越してから、周りに畑がいっぱいなので
野菜の話は身近で楽しいですsmile

収穫後の 食材としての野菜は よく描いているのですが、
野菜の根っこの様子や、成長具合の描き分けはなかなか難しく、
描かせていただきながらすごく勉強になっています。


「野菜だより」 は隔月発行、次回9月号は 8月3日発売です。

ぜひご覧ください。


Rogo_2


2017年7月27日 (木)

【習作】 水族館

Suizokukan_3

HPのトップページと、 「gallery」 内に追加しました。

レンタル可


Rogo_2


2017年7月26日 (水)

【習作】 シーラカンス

0726_coelacanth_2

Rogo_2



2017年7月25日 (火)

息子には是非 科学に興味を持っていただきたいです

0725_kagaku

夏休み特大号shine

むかし、理科が大好きな子供であった私ですが、
そのルーツは やはり 学研の 「学習と科学」 だと思います。

カブトエビ育てたり、電熱線で発砲スチロールを切ったり、
なんだかとっても楽しかった小学校時代の思い出です。

ーーーーー

子供の科学」 (誠文堂新光社) は、ちょうどそんな 「学研の 科学」 の5〜6年生用くらいの内容で、

「インドネシアシーラカンスの謎に迫る精密測定が
 アクアマリンふくしまで行われたゾ!」

とか

「ネガティブな感情で 脳の前頭葉がいっぱいになってしまうときは
 感情を紙に書き出すとパフォーマンスがあがるよ!」

とか、

内容が 大変に私好みですsun

(ちなみに「Newton」は私にはちょっと難しいのです。。sad

ーーーーーーー

世の中には、大人一人では大変参加しにくい
「夜の水族館に泊まってみよう」 だとか、
「地球深部探査船【ちきゅう】内部見学会」
系のワクワク山盛りイベントがたくさんあるので、

ぜひ息子には科学に興味を持っていただいて、
母をいろんなところに連れて行っていただきたいと思います。

ーーーーー

化学系のイラストが描けるようになったら、
仕事の楽しみが増すのではなかろうか。。

その場合やはり3Dは必須でしょうか。


Rogo_2



2017年7月10日 (月)

2017 夏期休暇日のお知らせ 【トップ固定記事】

 
今年は 8/9(水)〜17(木) を夏期休暇とさせていただきます。
 
息子も1歳と小さいので、また少し長めに帰省することにしましたchick


期間中ほぼ東京不在です。

実家は作業環境が整っていませんので、作業のご対応ができません。
申し訳ありません。


どうぞ宜しくお願いいたしますconfident


Rogo_2


2017年7月 4日 (火)

音楽が足りなかったのか

ちょっと弱って、ハンバートハンバート を聴いて沁みています。。snail

すごく喉が渇いていた時の水みたいです。

そうか、最近の私には音楽が足りなかったのか!

ーーーーーーーーー


心に訴えかけるという意味では、絵や文章も音楽に近い性質を持っているはずで。

いつか私も、表現する者としてそんなところにいきたいな。

それはずっと前からの、人生の目標snail


Rogo_2


« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »